News

ホームマルミNEWS横浜市内で屋根塗装を行う場合の価格(値段)や相場

2022.09.10 ブログ

横浜市内で屋根塗装を行う場合の価格(値段)や相場

こんにちはマルミ美装工芸です。

屋根がそろそろ心配・・・けどどれくらい費用がかかるのかわからない。という方もいるかと思います。

今回は横浜市内で屋根塗装を行う場合の価格(値段)や相場を書いて行こうと思います。

 

横浜市内で屋根塗装を行う場合の価格(値段)や相場

 

  • 屋根の大きさから考える
  • 屋根の材質から考える
  • 横浜市内での屋根塗装の適正な価格(値段)や相場は?

 

 

屋根の大きさから考える

 

屋根塗装を行う際にかかる費用は概ね以下の通りです。

1, 足場組み立て費用

2, 高圧洗浄費用

3, 下地処理、下塗り、タスペーサー取り付け、中塗り、上塗り 費用

4, 塗料の費用

 

足場組み立て費用は650円〜800円/㎡くらいが適正価格でしょう。

高圧洗浄は150円〜200円/㎡ が適正価格です。

3, の項目は全て合算で2,200円〜3,000円/㎡あたりが適正です。

4の塗料の仕入れ値はどこの会社も大して変わりません。

日本ペイントの「ファインパーフェクトベスト」は14,500円/1セット あたりが仕入れ値の相場です。

 

屋根の大きさによる違いも、上記の単価を用いて計算をすると理解しやすいかと思われます。

例えば70㎡の屋根を塗装するにあたり、210㎡の足場を組む際に必要な費用は

足場   650円×210㎡=136,500円

高圧洗浄 150円×70㎡=10,500円

3,の塗装 2,200円×70㎡=154,000円

塗料 ニッペ ファインパーフェクトベスト2セット、1液ベストシーラー2缶、タスペーサー2箱とすると、

(14,500×2)+(8,600×2)+ (5,000×2)=56,200円

以上を合算すると357,200円となり、そこにどれだけ会社の利益分を乗せるかによって見積額が変わります。

この場合は420,000円〜450,000円が適正価格でしょう。

 

 

屋根の材質から考える

 

前項では屋根材がスレート(カラーベスト)であることを前提としましたが、スレート屋根以外の場合はどうでしょうか。

  • 日本瓦
  • 洋風瓦
  • 陸屋根
  • 塗装ができない屋根材

 

瓦の場合、日本瓦はあまり塗装をお勧めしません。そもそも塗装を前提とした作りになっていないことや、瓦の質感や美観を損ねてしまう恐れがあります。

洋瓦は場合によっては塗装をすることがありますが、多くの場合洗浄だけに止めることが多いです。

 

陸屋根とは下の写真のような屋根を指します。

 

 

金属製の陸屋根や、ウレタン防水やアスファルト防水が施されているケースなどあります。

 

上の写真の金属製屋根の方であれば、使用する塗料や手間などの違いはあるものの塗装の工程はほとんど変わりません。

ウレタン防水が施されている陸屋根の場合は塗装工事ではなく防水工事になるため、施工単価や工程がガラリと変わります。

お住まいの屋根の材質から確認しましょう。

 

塗装ができない屋根材はこちらの記事をご覧下さい。

パミールに塗装して3年、こうなった

 

横浜市内での屋根塗装の適正な価格(値段)や相場は?

 

サイズや材質によって異なりますが、概ね450,000円〜600,000円が適正な価格、相場であると思います。

 

横浜で屋根工事なら30年耐久の屋根材 エコグラーニをおすすめする理由【カバー工法】

 

マルミの無料の屋根調査を依頼する

 

 

 

ご要望をお気軽にお知らせください

045-392-4936045-392-4936

受付 / 日~土曜日 9:00 ~ 19:00

Case

日々の施工事例を掲載しております

News

日々の取り組みなどを掲載しております