News

泉区外壁塗装のマルミ美装工芸マルミNEWS【専門家相談】神奈川で人気の屋根材TOP3とそのメリット・デメリットを屋根業者に聞く

2022.10.17 ブログ

【専門家相談】神奈川で人気の屋根材TOP3とそのメリット・デメリットを屋根業者に聞く

こんにちはマルミ美装工芸です。

今回は、今神奈川で人気の屋根材TOP3とそのメリット・デメリットを屋根専門業者さんに聞いてきましたので簡単にまとめます。屋根工事をご検討されている方は最後までご覧下さい。

 

神奈川で人気の屋根材TOP3とそのメリット・デメリットを屋根業者に聞く

今回は神奈川県海老名市で創業15年の老舗屋根業者、有限会社K-CRAFTの高橋さんにお話を伺いました。

マルミ田里(以下田里):高橋さん、本日は宜しくお願い致します!

K-CRAFT高橋さん(以下高橋さん):宜しくお願い致します!

田里:K-CRAFTさんは屋根工事を専門に神奈川県海老名市で15年事業をされていますが、今人気の屋根材TOP3を教えて下さい。

高橋さん:はい。弊社で良くご依頼頂く順に、
1位スーパーガルテクト(アイジー工業株式会社)
2位オークリッジスーパー(オーウェンス コーニング ジャパン合同会社)
3位エコグラーニ(株式会社ディートレーディング)
といった感じですね。

田里:それぞれの屋根材の良い点や悪い点などがあれば教えて下さい。

高橋さん:まずスーパーガルテクトの良い点ですが、さびにくい金属の「超高耐久ガルバ」を使うことで高い耐久性を実現しています。

本体裏面に断熱材も取り付けられていて、雨音に対しての静音性も高い屋根材です。

 

めっき層に含まれるアルミ、亜鉛、マグネシウムの成分がベースの鋼板を強⼒にガードしてくれます。

 

めっき量も多く、⼀般的なガルバリウム鋼板の約1.25倍の厚み!
だから、塗膜15年、⾚さび20年、⽳あき25年の⻑期保証まで付いています。

 

田里:人気の理由もわかりますね。悪い点を強いて言うなら何がありますか?

高橋さん:んー、悪い点ですか…強いて言うならですけど、建材の価格が高騰しているので本体価格も上がり気味なのと、施工マニュアルが細かいので誰でも簡単に施工できる製品ではないですね。

田里:細かい施工マニュアルがあるんですね。つまり熟練の職人さんでないと安心して任せられない、と言うことですね。

高橋さん:そうですね。専門業者以外が施工をするのは難しいかと思います。

続いてオークリッジスーパーですが、アスファルトシングルの屋根材ですので金属製の屋根材と比較して価格は安いところ、施工に関しても自在性が高いところ、多彩色のデザインでカラーラインナップが豊富なところが良い点かと思います。

 

様々なカラーから選択が可能 濃淡が表現されていて、どこか自然を感じる風合いですね。

 

 

高橋さん:悪い点を挙げると、アスファルトシングル系の屋根材は塗装に向かないところや、金属屋根と比較すると台風などによる物理的な損害を受けやすいといった点ですかね、強いて言うと。

田里:なるほど!

 

高橋さん:最後にエコグラーニですが、ジンカリウム鋼板で石吹き仕上げの屋根材なので静音性、デザイン性に優れていてとても軽量といったところですね。メーカー保証が30年ある点も良い点かと思います。

 

 

 

 

 

高橋さん:悪い点を強いて挙げると、価格が高め、施工する職人に対し板金加工技能が求められる、などですかね。

田里:有難うございます。エコグラーニに関しては以前メーカーの方がご来社されて記事を作成したところですので、ランクインしていてホッとしました(笑)

高橋さん:生意気にランク付けしちゃいましたが、どれも人気の屋根材ですよね。
ディートレーディングさん(エコグラーニのメーカー)の製品はよく売れていますよ。

 

田里:売れ筋TOP3、有難う御座いました。
屋根工事をする上でK-CRAFTさんが気をつけていることなどあれば教えて下さい。

高橋さん:当たり前のことですけど、作業中に近隣のお宅へ釘などが飛散しないように気を付けたり、メーカーの施工マニュアルに準じた施工をするように心がけています。また、棟を解体し新たな貫板を取り付けますが、その際には樹脂製の貫板を使用しています。木の貫板ではいずれ腐ってしまうので。


K-CRAFTさんの資材倉庫 多くの屋根材が保管されている

 

 

田里:有難うございます。K-CRAFTさんの強みなど、教えて下さい。

高橋さん:弊社には国家資格である「一級建築板金技能士」保持者が二名在籍しています。そのうちの一人は20代という若さです。恐らく全国的にみても20代の一級建築板金技能士はかなり少ないと思います。
ただ、資格に甘える訳でなく多くの家主様やオーナー様、元請企業様からご満足頂けるよう日々技術の向上やマナーアップに努めています。

田里:それは大きな強みですね!
ところで、ご自宅の屋根が塗装をするべきなのか屋根工事をするべきなのか、家主さんはどのように判断するべきですか?

高橋さん:特定の屋根材は塗装ができません。パミールやレサス、コロニアルネオなどですね。そのような屋根材の場合はカバー工法による屋根工事や葺き替えをお勧めしています。その他の屋根材でも築25年以上で割れが激しい場合などは慎重に判断する必要があると思います。


一見物静かそうな高橋さんですが屋根の話になると止まりません。屋根に対する情熱をひしひしと感じました。

普段は現場での現地調査や見積もり作成などを担当している高橋さん。細かい箇所まで見落とすことなく丁寧なお見積もりを作成してくれます。

 

 

田里:訪問販売による「屋根が壊れてますよ」みたいな手法がここ最近また増えているようですが、お考えお聞かせ下さい。

高橋さん:ここ数年また多いみたいですね。彼らの正体は屋根業者ですらないと思います。弊社としてもそういった存在は非常に迷惑ですし、時として同じように見られることはとても悲しいです。約束のない訪問者に屋根上に上がらせることは絶対に避けるべきですし、まともな屋根業者はまず訪問販売をしていません。お困りごとがあれば近くの屋根屋さんにご自身でご連絡して欲しいですね。

田里:同感です。

 

今回は海老名市の老舗屋根業者、有限会社K-CRAFTの高橋さんにお話伺いました。職人集団による施工体制を整えていて、弊社のポリシーと非常に近いものを感じました。屋根に関してお困りの方はK-CRAFTさんにご相談をお勧めします。
また遊びに寄らせて下さい!
有難う御座いました。

こちらの記事もよく読まれています
横浜市での外壁塗装費用の相場と、業者により差が出る理由

【専門家相談】塗料販売店に聞く、横浜で人気の塗料TOP3

【専門家相談】外壁塗装前にやっておくと良いお庭の手入れや、プロに任せた場合の価格などを便利屋さんに聞いてみた

マルミの無料の屋根調査を依頼する

ご要望をお気軽にお知らせください

045-392-4936045-392-4936

受付 / 日~土曜日 9:00 ~ 19:00

Case

日々の施工事例を掲載しております

News

日々の取り組みなどを掲載しております