News

ホームマルミNEWS施工不良を防ぐための塗料ごとの乾燥時間

2022.03.24 ブログ

施工不良を防ぐための塗料ごとの乾燥時間

こんにちは。マルミ美装工芸です。外壁塗装を行う上で重要なのが「塗り重ね乾燥時間」です。

今回は日本ペイントの主力製品における塗り重ね乾燥時間をまとめました。

 

 

下塗り:外壁用

塗料名 気温 塗り重ね乾燥時間
パーフェクトサーフ 23度 3時間以上
水性シリコンエポサーフ 4時間以上
水性パーフェクトシーラー 4時間以上
水性サーモアイウォール サーフ 4時間以上
水性サーモアイウォール シーラー 4時間以上

上塗り:外壁用

塗料名 気温 塗り重ね乾燥時間
ハナコレクション500コート 23度 3時間以上
オーデフレッシュSi100 Ⅲ 3時間以上
水性シリコンセラUV 3時間以上
パーフェクトトップ 3時間以上
Duflonファイン4Fセラミック 3時間以上
ピュアライドUVプロテクトクリヤー 4時間以上
水性サーモアイウォールSi 3時間以上

下塗り:屋根用

塗料名 気温 塗り重ね乾燥時間
ファインパーフェクトシーラー 23度 4時間以上
1液ベストシーラー 3時間以上
シリコンベスト強化シーラー 2時間以上

上塗り:屋根用

塗料名 気温 塗り重ね乾燥時間
パーフェクトクーラーベスト 23度 2時間以上
パーフェクトクーラーサーフ 16時間以上
サーモアイ4F 3時間以上
サーモアイSi 3時間以上
水性シリコンベストII 3時間以上
ファインシリコンベスト 3時間以上
ファインパーフェクトベスト 3時間以上
ファインルーフSi 3時間以上

 

メーカーの発表している塗り重ね乾燥時間はどちらも外気温23℃の場合が多いので、その日の外気温によって計算をし直す必要があります。

この塗り重ね乾燥時間を守らずに中塗り、上塗りの工程に進むと施工後に塗膜が膨らんでしまう不良が起きますので必ず守りましょう。

お気軽に無料の現地調査をご活用下さいm(_ _)m

 

無料の現地調査を依頼する

この記事を読まれた方がよく読む記事

「火災保険で外壁塗装」は本当にできるのか

ご要望をお気軽にお知らせください

045-392-4936045-392-4936

受付 / 日~土曜日 9:00 ~ 19:00

Case

日々の施工事例を掲載しております

News

日々の取り組みなどを掲載しております